Xmgrace:異なるスケールのグラフを重ねる

 

横軸のスケールが同じで、縦軸のスケールが異なる2つのグラフを重ねる方法です。

手順としては2つのグラフそれぞれを異なるデータセットに読み込み、そのデータセットを重ねるといった方法を取ります。

例として1から10まで線形増加するlinear.datと、自乗増加するsquares.datを用います。

データセットにデータを読み込む

Data→Import→ASCIIをクリックします。

Grace:Read setsが開くのでRead to graphの「(+)G0 (0sets)」の部分を右クリックして、Create newを選択します。

xmgrace_overlay_graph_01

これでRead to graphに「(+) G1 (0sets)」が追加されました。

xmgrace_overlay_graph_02

いま追加したものを「データセット」と呼びます。この2つデータセットそれぞれに軸を持つので、スケールが異なるグラフを読み込むときには別のデータセットに読み込みます。

Read to graphの「(+) G0 (0sets)」を選んだ状態で、ファイルを選択し「OK」をクリックしてファイルをデータセットに読み込みます。

xmgrace_overlay_graph_03

同様に「(+) G1 (0sets)」にもうひとつのファイルを読み込みます。

xmgrace_overlay_graph_04

これで2つのデータが読み込めましたが、軸がバラバラなのでこれを揃えます。

軸を揃える

Edit→Overlay graphs をクリックします。

Overlay graphで上から重ねたいデータセットを選択し、Onto graph で土台となるデータセットを選択します。

smart axis hintsでどの軸を合わせたいかを選択します。ここでは横軸を揃えたいので「Same X axis scaling」を選択しました。

xmgrace_overlay_graph_05

「Apply」をクリックすることで、このように2軸をもつグラフを表示することができます。

xmgrace_overlay_graph_06

コメントを残す