[V-REP] ウィンドウを開かずにシミュレーションを実行する

 

GUIではなくCUIのみで実行する方法。描画をしなくなるのでシミュレーション実行速度が格段に早くなります。

方法はコマンドからの起動時にオプション”h”を加えます。

ただしこのままでは実行できないので、実際には自動実行オプション”s”と自動終了オプション”q”を用います。また任意のシーンファイル名を入力します。

オプション”q”はシミュレーションが終了した後vrepを終了させるオプションなので、シュミレーション自体の終了はシミュレーションプログラム自体で指定するかオプション”s”で指定する必要があります。

上記は200ms後に終了する場合。

その他Commend lineから実行するときのオプションや詳細は公式リファレンスを参照

コメントを残す